ロイヤル・ロッホナガー 12年

ロイヤル・ロッホナガー(Royal Lochnagar)蒸留所は、スコットランドのハイランド地方東部、ディー川沿いにあります。

1845年、John Beggが蒸留所を設立しました。

ディー川上流には、英国王室の別荘バルモラル城があります。

1848年、Johnは、ビクトリア女王と夫のアルバートを蒸留所に招待しました。

招待を受け蒸留所を訪れた女王は、このウイスキーに感銘を受けてロイヤルの称号を許しました。

ロイヤル・ロッホナガーは小さな蒸留所で、伝統的な製造法を変えておらず、ウイスキーづくりのすべてが手作業です。

ジョニーウォーカーの黒ラベル、ブルーラベルやVAT69のキーモルトとして使われていることでも有名です。

ロイヤル・ロッホナガー12年は、香りも甘さも上品でバランスが良いシングルモルトです。