シーバス・リーガル 12年

シーバスリーガル(Chivas Regal)は、 スコットランドのスペイサイド地方を代表するブレンデッド・スコッチ・ウイスキーで、世界中で最も飲まれているスコッチ・ウイスキーの一つです。

1801年のスコットランド。シーバスリーガルの発祥は、創業者であるシーバス兄弟が開いたコーヒーやブランデーなどの高価な食品を販売する商店。

1850年代に入り、シーバス兄弟はブレンデッド・ウイスキーを製造し始めました。

1900年代、アメリカにシーバスリーガルと名付けたウイスキーの輸出を始め、禁酒法が始まる1920年代まで、アメリカにおけるウイスキーを代表するブランドとして親しまれました。

1950年、のちにシーバスリーガルを代表する蒸溜所となる、ハイランド地域最古の歴史を持つストラスアイラ蒸溜所を購入。

世界的なブランドとして現在まで親しまれています。

シーバスリーガル 12年は、リッチでスムースな味わい。

シーバスリーガルを代表するウイスキーであり、最も販売されている商品です。