ハイランドパーク 12年

ハイランドパーク(Highland Park)蒸留所は、スコットランド北部、オークニー諸島の大きな島、メインランドにあります。

北緯59度。最も寒い地域にある蒸留所です。

ハイランドパークという名前は、蒸溜所がハイパークという高台にあったことに由来します。

設立は1798年。

現在もフロアモルティングを続け、ピートを炊きます。

寒冷地で高い木が育たないため、低木が堆積したピートは、アイラとは異なった、甘さを含んだスモーキーさを醸し出しています。

ブレンデッドウイスキー「フェイマスグラウス」や「カティサーク」に使われていることでも有名です。

蒸溜所はマッカランと同じエドリントングループが所有し、レミーコアントロー社が販売しています。

ハイランドパーク12年は、現行品のラインナップの中でスタンダードと呼べるボトル。

熟成年数12年以上のスパニッシュオーク、アメリカンオークのシェリー樽を合わせて作られます。

穏やかなピート香。

シェリー樽由来のフルーティさ、スパニッシュオーク由縁のスパイシーさが同居します。

香り華やかで、甘くまろやかな味わいです。