キングス・バレイ

  キングス・バレイ(King’s Valley)は、1986年に開催された第1回スコッチウィスキーカクテルコンクールの優勝作品。作者は上田和男氏。緑色の材料を使わずに発色させるのが特徴。 スコッチ・ウィスキー、ホワイト・キュラソー、ライムジュース、ブルーキュラソーをシェーク。さわやかな酸味のきいたやや辛口。アルコール度数は高めです。    

フローズン・ダイキリ

  フローズン・ダイキリ(Frozen Daiquiri)は、文豪ヘミングウェイが好んだカクテルとして有名。ダイキリのレシピにマラスキーノを加え、氷とともにミキサーにかけてフローズンスタイルにします。    

ダイキリ

  ダイキリ(Daiquiri)は、1900年頃、キューバのダイキリという鉱山に派遣されていた鉱山技師たちが、特産物であるラムにライムジュースと砂糖を加え飲んでいたのが始まりとされています。技師の一人が鉱山の名前をとってダイキリと名付けました。 酸味の効いたシャープな口当たり、甘みもありバランスが良いカクテルです。 酸味と甘味のバランスが繊細でバーテンダーの腕が試されるカクテルでもありま …

ミリオネア

    ミリオネア(Milionaire)は、スロージンとアプリコットブランデーで作ります。スロージンはスモモの仲間であるスローベリーの甘酸っぱい風味、アプリコットブランデーはあんずの甘酸っぱい風味。そこにライムジュースの爽やかさが加わります。「大富豪」という名前の由来は不明です。

モヒート

    モヒート(Mojito)。ラム酒と砂糖の甘み。ミントの香り。ライムの酸味。ソーダ水の爽やかさ。暑い夏の日におすすめのカクテルです。ヘミングウェイが愛飲したことでも知られています。

マルガリータ

  マルガリータ(Margarita)は、1949年、ロサンゼルスのバーテンダーが全米カクテルコンクールに出品し入賞した作品です。事故で亡くなった恋人を偲んで、カクテルに彼女の名前を付けたと言われています。  

マタドール

  マタドール(Matador)は闘牛士。闘牛は荒々しいイメージですが、このカクテルは荒々しい味ではありません。パイナップルジュースとライムジュースによってフルーティーで爽やかな味になっています。